ヤフーのクレジットカードの特徴

ヤフーのクレジットカードは年会費が無料でヤフーのサービスをより便利に利用する事が出来ます。

国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBがあるので自分の好きなブランドを選ぶ事が出来ます。

ヤフーのクレジットカードを作っておけばヤフーのサービスはもちろん他の店舗でも特典を受ける事が出来るのでおすすめです。

ではヤフーのクレジットカードを特徴を見ていきましょう。

 

1.Tポイントがたくさん貯まる

 

ヤフーのクレジットカードを利用してヤフーのサービスを利用するとTポイントが貯まります。

まずヤフーのIDにヤフーのクレジットカードに記載されているTカード番号を登録するとヤフーのサービスだけではなくTポイント提携先の店舗でもTポイントが貯まります。

またTポイントを使用して買い物をしたり食事をしたりする事も出来るのでお得なクレジットカードです。

特にクレジット払いで利用するとよりTポイントが貯まるので出来るだけクレジット払いで決済してみましょう。

 

2.利用明細はWeb

 

ヤフーのクレジットカードの利用明細はカード会員サービスメニューから確認する事が出来ます。

利用した金額、引き落としされた日などすべてWebで確認する事が出来るのではがきなどで利用明細が郵送されてくる事も一切ありません。

またパソコンだけではなくスマートフォンでも確認する事が出来るので外出している時や忙しい時でも確認する事が出来ますし24時間対応しています。

ただしWebで利用明細を確認する前にカード番号と有効期限を入力して初回登録をしなければいけません。そのためカードが発行されたらすぐに初回登録しましょう。

 

3.家族でまとめる事が可能

 

ヤフーのクレジットカードは家族みんなで利用する事も可能です。家族全員が利用した金額の合計の代金をひとつにまとめて本会員カードからの引き落としで支払う事が出来ます。

そのため家族全員が利用した金額の管理もしやすいので大変便利です。

またTポイントの場合はクレジットカード利用分のTポイントは本会員カードに貯まって提携先の店舗でカードを提示して獲得したTポイントはそれぞれのクレジットカードに貯まっていきます。

 

5のつく日キャンペーンがお得

 

ヤフーのクレジットカードでヤフーショッピングとLOHACOで5、15、25日など5のつく日に買い物をするとポイントが5倍になります。

そのためヤフーショッピングとLOHACOで買い物をする時は5のつく日に合わせて買い物するようにするといいでしょう。

便利で特典もたくさん。

クレジットカードは2枚がベストです

1.便利でお得なクレジットカードは必要不可欠

 

最近、様々なクレジット機能付カードが世に出回っています。百貨店、スーパー、航空会社、ガソリンスタンドなどそれぞれ独自でカードを発行し、顧客の囲い込みを行っています。

消費者としては、クレジット機能付カードに入会する時に魅力的な特典があったり、カードの利用するたびに還元があるなど非常に便利でお得なものと考えられています。

この社会において、クレジットカードは必要不可欠と言っていいほど大きな地位を確立しています。

一方、クレジットカードの種類が多岐にわたるにつれ、消費者もたくさんのクレジットカードを所有するようになりました。

現在における日本のクレジットカードの発行枚数は約2億6000万枚まで膨れ上がっています。

最低1人2枚は持っている計算になります。勤労している成人男女に限って計算すると一人5枚ほどになります。

 

2.不要なクレジットカードを所有していませんか

 

たくさんのクレジットカードを所有してしまった理由は、友人に勧められてどうしても断れず作ったり、何か買い物をする時にお得ですと言われ、その時は納得して作ったりして知らず知らずのうちに多くのカードを持ってしまっていたことが考えられます。

しかし、クレジットカードは持っていれば必ずしも得をする訳ではなく、リスクを背負うことになり、損をしてしまうこともあります

財布を落としてしまったら他人に悪用される可能性もありますし、気が付けば年会費を支払っていることもあります。

5枚持っていて5枚を全て使いこなすのは庶民には非常に無理があるのではないかと思われるのです。

多くのカードを所有している場合は、本当に所有しているクレジットカードを有効に使うことができているか確認し、不要なカードを所有していないか見直す必要があります。

 

3.不要なカードを見つける

 

不要なカードを見つけるときに、最もわかりやすいのは友人などからお願いされて入ったカードです。

「1年間は年会費無料だから入ってもらえないか」とお願いされ、無料だから入ってもいいかと安易に考え、知らず知らずのうちに年会費を払っていることもよくあります。

おそらく財布の中か自宅のどこかに眠っているため、すぐに解約することができるカードです。

次は、年会費が必要か不要かにもよりますが、使って年会費以上の特典や還元を継続的に受けられているかどうかです。

年会費未満の見返りしかないカードは解約するのが有効です。

また、たまに使う程度で、普段は別のカードを頻繁に利用してポイントを貯めているということであれば、そのカードも解約しましょう。3つ目は、カード会社ブランドの選別です。

VISA、JCB、MASTERなどを重複して持つよりかは、異なって所有する方が、特に海外に行った場合に使用できる、できない場合があるからです。

 

クレジットカードは2枚がベスト

 

不要なカードを減らす理由は、犯罪などからのリスク回避、より有効にポイントを貯めること、そして無駄な年会費の削減の3つです。

特にポイントを貯めるにはメインカードとサブカードに絞る方が効率的です。

メインカードは、コストパフォーマンスのいいカードを自分のライフスタイルに合わせて選ぶのがコツです。

主婦ならスーパーや百貨店のカード、旅好きな人は航空会社のカードなどです。

そして、サブカードはメインカードを考えながら、メインカードとはサービスの質が異なり、提携先も異なるようなカードをバランスよく選ぶことが大切です。

このように、ただカードを所有して使用するのではなく、いかに有効に活用するかを考えた上でカードを選別することが必要です。

クレジットカードは便利でお得だからこそ、よりその魅力を発揮できる利用をすることをおすすめします。

クレジットカードを楽天にした理由

1.年会費無料は必須

 

クレジットカードを作るときに一番気になることの一つが年会費です。

某ブラックカードなど高い年会費を支払い手厚いサービスの供給を求めるのであれば喜んで支払いたいところですが、普段使いにしようと考えているクレジットカードはできるだけコストを下げたいものです。

そこで選択肢の一つに挙げられるものが楽天カードです。

 

2.自分の消費スタイルを考える

 

クレジットカードを所持した時に、実際に自分がクレジットカードをどのように利用するかを想像してみます。

今やネットで買い物をすることは日常の光景となっている中で、多種多様なインターネットモールがしのぎを削っています。

そこで考えるのはどこで自分が買い物をするサイトとして一番利用することが多いのかということですね。

楽天市場での買い物頻度が多い場合は楽天カードの選択度はかなり上がります。

 

3.楽天市場のお買い物でポイントアップ

 

楽天市場でお買い物をする際、どの商品を買ってもポイントは+2%です。さらにモバイルからのお買い物でさらにアップ、各種キャンペーンでもっとポイントアップすることが頻繁にあります。

自分が買い物をするサイトをなるべく一つに絞ればその分ポイントがざくざく貯まってお得感が増しますね。

月々の支出管理もシンプルになって一石二鳥です。

 

4.光熱費もカード支払いでポイントをもらおう

 

さらに実際のお買い物だけでなく、ガス電気などの光熱費や携帯電話、固定電話の通信費もクレジットカード支払いにすれば支払った金額の1%がポイントで還元されることになります。

毎月のことなのでバカにはできない金額です。

 

5.ETCも付帯できます

 

自動車を保有していてETCを車載していれば楽天カード付帯のETCも選択肢の一つです。

楽天ポイントクラブランクがプラチナランク以上であれば年会費無料でETCを利用することが可能です。

毎日車に乗るわけではない場合、年会費を払ってまでETCを付けることには抵抗がありますよね。

若干の制限があるものの無料でETCを利用することができることはコスト的に大変助かります。

 

楽天市場ユーザーなら持っていても損はない

今や様々なサービスを展開している楽天市場。ヘビーユーザーでなくても利用する機会が月に何度かある人であれば、年会費が無料なので1枚持っていても損はないでしょう。

高額な買い物をした月の締日後のポイントの増え方はちょっと嬉しくなったりします。しかし楽天カードももちろんクレジットカードです。< ポイントのために沢山お買い物をして後で請求金額を確認して驚いていては本末転倒です。 自分に必要なものは何かを考えながら賢く計画的に利用してお得にお買い物を楽しみましょう。

楽天のクレジットカードがお得なポイント

CMなどでもおなじみの楽天カードは、楽天が発行するクレジットカードです。

このクレジットカードには多くの利用者がいますが、それはお得だからなのです。では、一体どんな点がお得なのでしょうか。

 

1.クレジットカードを使う度に楽天ポイントがたまる

 

通常どんなクレジットカードを使っても、それを使って支払いをすることでクレジットカード会社が独自のポイントを加算してくれる仕組みになっています。

もちろん楽天カードにおいてもそうなのですが、普通のポイントではなく、楽天ポイントがつきます。

しかも、100円につき1ポイントとなりますので、この点も他のクレジットカードよりもお得な点だと言えます。

さらに、入会時にはベースとなる年会費無料の楽天カードでも数千ポイント(ただし有効期限が短い)の入会祝いポイントが加算され、それらはもちろん楽天市場で何かを購入する際に使っていただくことができます。

 

2.海外旅行保険も適応

 

楽天カードは海外旅行保険ももちろんついています。

ただし、注意しなければいけない点は自動付帯ではないので、海外旅行へ行くまでの旅費の一部を必ず楽天のクレジットカードを使って支払わなければいけないということです。

逆にいえば、例えば、家から空港へ行くまでの電車賃などをクレジットカードを使って支払ったり、航空券もクレジットカードで払えば海外旅行保険は適応されるのです。

ちなみに楽天のクレジットカードの最高峰とされるプレミアムは海外旅行保険は自動付帯となりますので、交通費などを支払わなくても自動的に海外で何かあった場合に保険が適応され、適応額もまた楽天カードとは異なります。

 

3.提携ショップの割引がある

 

楽天と提携しているお店(レストランなど)が実はあります。

そういった提携ショップでの支払いを楽天のクレジットカードを使って支払えば、合計金額から5%オフの金額となりますし、もちろんこの時の金額分の楽天ポイントも着きますから、一石二鳥です。

 

4.審査がゆるい

 

基本となる楽天カードに入会する際の審査が比較的厳しくないのも楽天のクレジットカードの特徴です。

もちろん、プレミアムとなると異なりますが、基本の楽天カードは、専業主婦であっても簡単に入れます。

というのも、配偶者の職業などを書く必要もないので、言ってみれば問題がなければ誰でも入れるくらいで、問題がなければクレジットカードは1週間前後で指定住所に届きます。

楽天のクレジットカードが人気の理由がこれでわかっていただけたのではないでしょうか。

メリットだらけで年会費永久無料のものから様々な種類のクレジットカードがありますので、是非チェックしてみてください。

クレジットカードを使ってポイントを貯めよう

クレジットカードを使って買い物をしたり支払いをすれば、その金額に応じてポイントが貯まっていきます。

ポイント還元率の高いクレジットカードを1枚持っていれば、使った金額の分ポイントが貯まるので、あとで別の買い物をするときに重宝します。

ポイントで選ぶクレジットカードは、「還元率」と「使える幅の広さ」でしょう。1枚のクレジットカードで買い物や支払いが効率的になるので、ポイントという目的に合わせたクレジットカードを持つことが大切です。

 

1.ポイントの還元率(交換率)で選ぶ

 

ポイントの還元率(交換率)はクレジットカードを選ぶ際にとても重要なことです。有名なクレジットカードでは100円の買い物をすると1ポイント貯まるというシステムをとっています。

買い物はもちろん、支払いなどでもポイントがつきますから、仮に10000円の支払いをすれば100ポイントということになります。生活の中での支払いは多岐にわたりますから、携帯電話料金や水道、光熱費、ETCの利用料金まで。

1か月に5万円の支払いがあったとすれば、500ポイントを得られることになります。多くの会社で、1ポイントはそのまま1円として換算されるので、500ポイントあれば500円分の買い物をすることが可能です。

この還元率(交換率)の高い会社のクレジットカードを選べば、それだけお得に買い物ができるでしょう。

 

2.どんな場面でポイントが貯まるか

 

クレジットカードを発行すると、どんな場面でカードを使ってポイントが貯まるかわかります。提携サイト内で買い物をしたとき、提携店舗で買い物をしたとき、支払いをしたとき、提携のガソリンスタンドで支払いをしたときなど。

これら「クレジットカードを使って、ポイントが貯まる幅の広さ」が大切になります。特定のお店だけで有効なカードと、あらゆる場面で買い物をしたり支払いをしたときにポイントが貯まるのとでは使い勝手がまるで違ってきます。

日常生活の中でどこでポイントが貯まっていくのか、その使えるシーンが多いクレジットカードが有効といえるでしょう。

 

3.ポイントをどんなふうに使えるか

 

貯まったポイントをどんなふうに使えるかもクレジットカードの大きな要素です。1ポイント1円としてそのまま現金のように買い物の際に使うことができる。貯まったポイントの分だけ商品券などに交換できる。

貯まったポイントの分だけ電子マネーに交換できるなど。これら「使い方の用途」が多ければ多いほど、クレジットカードのキャパシティーが広く、便利なカードといえます。

 

ポイント重視のクレジットカードは3点が大事

 

ポイントを貯める、使うことに重点を置いたクレジットカードは、還元率、ポイントが貯まるシーン、貯まったポイントにどんな使い道があるか、の3点にその利便性があります。

 

クレジットカード 使って得する選び方とは?

 

社会人になると多くの方がクレジットカードをもたれるかと思います。そのクレジットカードですが実は選び方によって「得」する場合があることが多々あります。

そこでクレジットカードを選ぶ際の注意点などをお話ししてみたいと思います。選ぶ際の参考にでもして頂ければ幸いです。

 

1.注目すべきポイントとは?

 

まず、選ぶ際に最も注意してほしいのが「カード発行特典」・「年会費」この2点についてです。1点目の発行特典に関しては楽天カードなどが有名ですが発行するだけで5000pt~8000ptの現金として使えるポイントがもらえるなどがあります。

その他には商品券3000円分などカード会社によって様々な特典があります。この特典で注意してほしい点としては金額はどれくらいもらえるのか、即使用可能なのかという点です。

ポイントとしてもらえる場合であれば金額は大きいものの「何ポイント以上から利用可能」などの条件が有る場合がほとんどです。

即使いたいという場合でなければポイントの方が金額が高く良いですので良く使用しない=ポイント、即使用したい=商品券などと分けて選ぶと良いです。

2点目については大体の場合は年会費というものがありません。ただし、年に1回利用すると年会費が無料となる日本郵便発行のクレジットカードなどのように条件次第で年会費が無料になっている場合もありますので注意が必要です。

 

2.利用する際の注意事項とは?

 

クレジットカードを利用する際には、生活において毎月使う物用とそうでない物とを分けるとお得です。理由としては毎月利用するものであれば「還元率が高く、年会費が利用額によって無料になるカード」が使用できるためです。

年会費が使用額によって無料になるカードの中には還元率が高いものがかなり多いです。一般的な年会費無料のカードであれば年1%~2%が限界ですが年会費が一定額から無料になる場合であれば3%~4%の還元率であるものも珍しくありません。

その為、毎月支払水道代や電気料金など生活で必ず使用するものであればこういったカードの方が断然お得です。限度額の問題もありますので、生活用と生活用でないものの2枚で持っておくことで緊急の際でも支払等ができて便利です。

 

その他選ぶ際の注意事項とは?

 

その他としてはカードを発行する際に追加で別の物を契約すると商品券が付くなどはやめておいたほうがよいです。電話回線工事やネットのプロバイダ変更などが多くありますが、カード特典としてついてくるのはせいぜい3万円ぐらいです。

プロバイダなどを契約すると1年縛りがありますので変更はできなくなりますし、月々2000円以上費用として掛かる場合もあります。月々の支払いが2500円以上になるようであれば年間で3万円となり、±ゼロですのでやめておいたほうが良いです。

プロバイダ変更に伴う解約金がある場合だと更に費用が1万円ほどかかりますので手間を考えてもオススメは出来ません。引っ越しをして回線を引き直すなどの用でなければ目先の利益にとらわれて契約しないことをオススメします。

このようにクレジットカードの選び方一つで年間を通じて倍以上還元率等で変わってきてしまいます。

私自身は今お話しした方法をしているおかげで2か月分くらいの電気水道代は浮いています。皆様ももしクレジットカードをこれから発行したいと考えてみえるのであれば選択を慎重にすることをオススメ致します。

『幅広い層におすすめできるビアソカードの審査説明解説サイトはこちら』

今回は御付き合いいただき、ありがとうございました。