クレジットカードを使ってポイントを貯めよう

クレジットカードを使って買い物をしたり支払いをすれば、その金額に応じてポイントが貯まっていきます。

ポイント還元率の高いクレジットカードを1枚持っていれば、使った金額の分ポイントが貯まるので、あとで別の買い物をするときに重宝します。

ポイントで選ぶクレジットカードは、「還元率」と「使える幅の広さ」でしょう。1枚のクレジットカードで買い物や支払いが効率的になるので、ポイントという目的に合わせたクレジットカードを持つことが大切です。

 

1.ポイントの還元率(交換率)で選ぶ

 

ポイントの還元率(交換率)はクレジットカードを選ぶ際にとても重要なことです。有名なクレジットカードでは100円の買い物をすると1ポイント貯まるというシステムをとっています。

買い物はもちろん、支払いなどでもポイントがつきますから、仮に10000円の支払いをすれば100ポイントということになります。生活の中での支払いは多岐にわたりますから、携帯電話料金や水道、光熱費、ETCの利用料金まで。

1か月に5万円の支払いがあったとすれば、500ポイントを得られることになります。多くの会社で、1ポイントはそのまま1円として換算されるので、500ポイントあれば500円分の買い物をすることが可能です。

この還元率(交換率)の高い会社のクレジットカードを選べば、それだけお得に買い物ができるでしょう。

 

2.どんな場面でポイントが貯まるか

 

クレジットカードを発行すると、どんな場面でカードを使ってポイントが貯まるかわかります。提携サイト内で買い物をしたとき、提携店舗で買い物をしたとき、支払いをしたとき、提携のガソリンスタンドで支払いをしたときなど。

これら「クレジットカードを使って、ポイントが貯まる幅の広さ」が大切になります。特定のお店だけで有効なカードと、あらゆる場面で買い物をしたり支払いをしたときにポイントが貯まるのとでは使い勝手がまるで違ってきます。

日常生活の中でどこでポイントが貯まっていくのか、その使えるシーンが多いクレジットカードが有効といえるでしょう。

 

3.ポイントをどんなふうに使えるか

 

貯まったポイントをどんなふうに使えるかもクレジットカードの大きな要素です。1ポイント1円としてそのまま現金のように買い物の際に使うことができる。貯まったポイントの分だけ商品券などに交換できる。

貯まったポイントの分だけ電子マネーに交換できるなど。これら「使い方の用途」が多ければ多いほど、クレジットカードのキャパシティーが広く、便利なカードといえます。

 

ポイント重視のクレジットカードは3点が大事

 

ポイントを貯める、使うことに重点を置いたクレジットカードは、還元率、ポイントが貯まるシーン、貯まったポイントにどんな使い道があるか、の3点にその利便性があります。

 

クレジットカード 使って得する選び方とは?

 

社会人になると多くの方がクレジットカードをもたれるかと思います。そのクレジットカードですが実は選び方によって「得」する場合があることが多々あります。

そこでクレジットカードを選ぶ際の注意点などをお話ししてみたいと思います。選ぶ際の参考にでもして頂ければ幸いです。

 

1.注目すべきポイントとは?

 

まず、選ぶ際に最も注意してほしいのが「カード発行特典」・「年会費」この2点についてです。1点目の発行特典に関しては楽天カードなどが有名ですが発行するだけで5000pt~8000ptの現金として使えるポイントがもらえるなどがあります。

その他には商品券3000円分などカード会社によって様々な特典があります。この特典で注意してほしい点としては金額はどれくらいもらえるのか、即使用可能なのかという点です。

ポイントとしてもらえる場合であれば金額は大きいものの「何ポイント以上から利用可能」などの条件が有る場合がほとんどです。

即使いたいという場合でなければポイントの方が金額が高く良いですので良く使用しない=ポイント、即使用したい=商品券などと分けて選ぶと良いです。

2点目については大体の場合は年会費というものがありません。ただし、年に1回利用すると年会費が無料となる日本郵便発行のクレジットカードなどのように条件次第で年会費が無料になっている場合もありますので注意が必要です。

 

2.利用する際の注意事項とは?

 

クレジットカードを利用する際には、生活において毎月使う物用とそうでない物とを分けるとお得です。理由としては毎月利用するものであれば「還元率が高く、年会費が利用額によって無料になるカード」が使用できるためです。

年会費が使用額によって無料になるカードの中には還元率が高いものがかなり多いです。一般的な年会費無料のカードであれば年1%~2%が限界ですが年会費が一定額から無料になる場合であれば3%~4%の還元率であるものも珍しくありません。

その為、毎月支払水道代や電気料金など生活で必ず使用するものであればこういったカードの方が断然お得です。限度額の問題もありますので、生活用と生活用でないものの2枚で持っておくことで緊急の際でも支払等ができて便利です。

 

その他選ぶ際の注意事項とは?

 

その他としてはカードを発行する際に追加で別の物を契約すると商品券が付くなどはやめておいたほうがよいです。電話回線工事やネットのプロバイダ変更などが多くありますが、カード特典としてついてくるのはせいぜい3万円ぐらいです。

プロバイダなどを契約すると1年縛りがありますので変更はできなくなりますし、月々2000円以上費用として掛かる場合もあります。月々の支払いが2500円以上になるようであれば年間で3万円となり、±ゼロですのでやめておいたほうが良いです。

プロバイダ変更に伴う解約金がある場合だと更に費用が1万円ほどかかりますので手間を考えてもオススメは出来ません。引っ越しをして回線を引き直すなどの用でなければ目先の利益にとらわれて契約しないことをオススメします。

このようにクレジットカードの選び方一つで年間を通じて倍以上還元率等で変わってきてしまいます。

私自身は今お話しした方法をしているおかげで2か月分くらいの電気水道代は浮いています。皆様ももしクレジットカードをこれから発行したいと考えてみえるのであれば選択を慎重にすることをオススメ致します。

『幅広い層におすすめできるビアソカードの審査説明解説サイトはこちら』

今回は御付き合いいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です