クレジットカードを楽天にした理由

1.年会費無料は必須

 

クレジットカードを作るときに一番気になることの一つが年会費です。

某ブラックカードなど高い年会費を支払い手厚いサービスの供給を求めるのであれば喜んで支払いたいところですが、普段使いにしようと考えているクレジットカードはできるだけコストを下げたいものです。

そこで選択肢の一つに挙げられるものが楽天カードです。

 

2.自分の消費スタイルを考える

 

クレジットカードを所持した時に、実際に自分がクレジットカードをどのように利用するかを想像してみます。

今やネットで買い物をすることは日常の光景となっている中で、多種多様なインターネットモールがしのぎを削っています。

そこで考えるのはどこで自分が買い物をするサイトとして一番利用することが多いのかということですね。

楽天市場での買い物頻度が多い場合は楽天カードの選択度はかなり上がります。

 

3.楽天市場のお買い物でポイントアップ

 

楽天市場でお買い物をする際、どの商品を買ってもポイントは+2%です。さらにモバイルからのお買い物でさらにアップ、各種キャンペーンでもっとポイントアップすることが頻繁にあります。

自分が買い物をするサイトをなるべく一つに絞ればその分ポイントがざくざく貯まってお得感が増しますね。

月々の支出管理もシンプルになって一石二鳥です。

 

4.光熱費もカード支払いでポイントをもらおう

 

さらに実際のお買い物だけでなく、ガス電気などの光熱費や携帯電話、固定電話の通信費もクレジットカード支払いにすれば支払った金額の1%がポイントで還元されることになります。

毎月のことなのでバカにはできない金額です。

 

5.ETCも付帯できます

 

自動車を保有していてETCを車載していれば楽天カード付帯のETCも選択肢の一つです。

楽天ポイントクラブランクがプラチナランク以上であれば年会費無料でETCを利用することが可能です。

毎日車に乗るわけではない場合、年会費を払ってまでETCを付けることには抵抗がありますよね。

若干の制限があるものの無料でETCを利用することができることはコスト的に大変助かります。

 

楽天市場ユーザーなら持っていても損はない

今や様々なサービスを展開している楽天市場。ヘビーユーザーでなくても利用する機会が月に何度かある人であれば、年会費が無料なので1枚持っていても損はないでしょう。

高額な買い物をした月の締日後のポイントの増え方はちょっと嬉しくなったりします。しかし楽天カードももちろんクレジットカードです。< ポイントのために沢山お買い物をして後で請求金額を確認して驚いていては本末転倒です。 自分に必要なものは何かを考えながら賢く計画的に利用してお得にお買い物を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です